1月に読んだ本。三体、ことばの発達の謎を解く、OKUDAIRA BASE 自分を楽しむ衣食住など

1月に読んだ本は7冊。
そのうち面白かった5冊について書く。

三体

一番面白かったのは、これ!

「中国のSF作品で三部作の一冊目。めっちゃ面白いらしい」以上の情報を何も知らずに読んだ。その結果…最高に面白かった。
もしまだ読んでいない人がいたら、できるだけ内容を知らないままで読んでほしい!
というわけでここに詳しい感想は書かない。

honto.jp

ことばの発達の謎を解く

次に面白かったのはこれ。

今井むつみさんの『英語独習法』が良いと聞いたことがきっかけで読んだ。
我々はなぜ・どのように母語を使えるようになるのか?という疑問を解く本。
子どもを対象に行われた実験のような、具体的な話が多くて読みやすい。
言葉を学ぶのが好きな人や、子どもが身近にいる人におすすめ。認知科学認知心理学面白い! honto.jp

OKUDAIRA BASE 自分を楽しむ衣食住:25歳、東京、一人暮らし。月15万円で快適に暮らすアイデアとコツ

「自分も暮らしを楽しむぞ!」と思える一冊。

暮らすことを楽しんでいる人の本なので、「自分の暮らしにもこんなことを取り入れたい」と前向きな気持ちになれる。
使うところにお金は使っているけど、基本的には質素な暮らしぶりで参考にしやすい!
家にいる時間が増えたこの状況で、自宅での時間を充実させる、暮らしを楽しむ…という方向性は時代にもマッチしてるなと思った。
honto.jp

動画もおすすめ!休日、ベッドの中でこの人の動画を見ると「よし、私も起きて何かするぞ!」という気持ちになれる。 www.youtube.com

新しい文章力の教室 苦手を得意に変えるナタリー式トレーニン

ブログを書く時に参考になるかな、と思って読んでみた。

「遅い」「まとまらない」「伝わらない」を乗り越えて、「完読される文章」を書くための文章教室。
この記事も「完読される」ことを目指して、この本の内容を少し生かして書いている。 honto.jp

笑ってお料理

平野レミの料理エッセイ本(レシピもある)。

平野レミの過去を振り返りつつ、料理に対する取り組み方や心がけ…みたいなものを教えてくれる。幼少期の話が面白い。あと、ダシのレシピ(取り方?)が多くて参考になった。
ちょっと「お母さんの料理」を推しすぎだな~というところは距離を感じたけど、全体的に軽やかで楽しく読めた。 honto.jp


1月はこんな感じ。
『三体』がとにかく面白かった。一冊でも最高に面白い本が読めたら「いい一年だったな~」と思えるので、『三体』のおかげで2021年がいい一年になることが約束された。